いなべの中心で、ラーメン愛を叫ぶ

製麺機の体験イベントに行ってきました

今日は以前の3連休で仲良くなった昇里勝さんを誘って、大和製麺機さんの自家製麺の体験イベントに行ってきました。

少し前のブログで国産小麦を使った特注麺をお願いしている

という話題を書きましたが、なかなか思い通りの麺ができずに、最近いきずまりを感じてたんです。

そんな時に、自家製麺の体験イベントのダイレクトメールがお店に届いていたので、

特注で解決できないなら、自家製麺も視野に入れてみようかな

と思い、行ってみることにしました。

登里勝さんも自家製麺に興味があると聞いていたので、お誘いしたらすぐさまOKをもらいましたので、

二人で行くことになりました。

ちょっと道に迷いましたが、なんとかビルに着き、大和さんのフロアーに入ります。

自動ドアをあけると、自家製麺の機械が3台ぐらいずらりと並んでいました。

新品同様で金属がピカピカに綺麗で、見てるだけでもちょっとテンションが上がっちゃいます。

機械を横目に椅子にすわり、担当さんに渡されたアンケート用紙を記入をしていきます。

その時に、

どういう麺を作ってみたいですか?

という質問を受けてたので、今いきずまっている麺の説明をしました。

それじゃ、今日は試しにその麺にチャレンジしてみましょう

という流れになり、自家製麺の体験イベントが始まりました。

丁寧に作り方の説明をうけながら、小麦を攪拌したり、水に塩とカンスイをまぜて、小麦粉に入れたりと

大和さんの機械を使いながら、実際の麺を作っていきます。

業界シェアNO1の大和製麺所さんの機械だけあって、作り方がけっこう簡単(と説明会では思いました)

もちろん麺の世界も深いので、美味しいものを追求すると時間は必要ですが、

製麺所さんに注文しているレベルのものなら、すぐにでもいけるんじゃないかな

と感じました。

また自分のイメージする麺があるなら、大和さんの方でレシピは作ってくれるそうです。

そういうフォローもしてくださるそうなので、1から自分でやる必要がないぶん助かりますよね。

そんな話をしていると、一通りの作業が終わりとりあえず麺が完成。

そこからはまた椅子に戻り、簡単な商談の話しになりました。

機械のお値段なども聞きましたが、やはりお高いですね(汗)

だいたい車一台くらいの金額でしょうか。

時々中古もでるそうなのですが、それでも最近のいい軽自動車ぐらいはいきます。

料理業界って、ホントお金がいくらあっても足りません・・・・・

ただ、今月でほぼお店の開業資金を回収できそうなので、

今より美味しくなるなら

今よりお客様に喜んでもらえるなら 

高い買い物だけど、やる価値はあるかもしれないな

と、けっこう前向きな気持ちになっていました。

ただ製麺機+冷蔵庫を置くスペースがお店にあるか怪しいし、麺を作るのに1時間ちょっとかかると聞いてたので、

その仕込み時間を捻出できる自信もありません。

一度担当の方にお店に来てもらい、設置場所があるかどうか見てもらうことにして、大和さんの会社を後にしました。

もう時間が12:30ぐらいになっていましたので、さすがにお腹がペコペコ。

せっかくラーメン好きの二人が集まっていたので、これからラーメンでも食べに行きましょう

という流れになり、1件目は中川区に移転された「こだわり麺工房たご」さんにお邪魔させていただきました。

以前にも書きましたが、たごの店主さんはいなべ出身のかたで、僕にも声をかけてくださった優しい方なんですよ。

中川区に移転されていたのでご挨拶に行きたいと思ってましたが、今日やっと叶いました。

いろいろあってお店に着いたのが14:00ぐらい。

それでもカウンターにはたくさんのお客様がいましたが、たごのマスターといろいろお話できました。

その会話の中で、

今日は大和製麺所さんの、自家製麺の体験イベントに行ってきたんですよ

なんて話をすると

自家製麺やるの?

と聞かれ

まだわからないけど、検討しようと思っているんです

と答えると

たごの店主さんは首や手を振って

やめとけ やめとけ

のサイン(笑)

やっぱり大変ですか?

と尋ねると

大変大変。 一通りの作業が終わるまで、2時間近くかかるよ

との答え。

製麺イベントでは1時間ちょっとと聞いてたのに、2時間・・・・・・・

1時間の時間を捻出するのも厳しいのに、2時間となるとかなり致命的(汗)

もうウチは自家製麺やっちゃってるから止められないけど、簡単に手を出さない方がいいよ

とのアドバイスをいただきました。

う~~~ん

と考えながら、同じ中川区の「紫陽花」さんに食べに行くことにしました。

今すっごい話題のお店なのですが、到着したのが14:30前ぎりぎりで、店内にはお客様が一人だけという状況でした。

でも、座っているお客さん、どこかで見覚えがあります。

ウチが煮干とか仕入れている、マルサヤという乾物屋の営業さんです。

こんな場所で会うのも、めずらしいな

と思い、ご挨拶をすると、むこうも僕に気づいてくれて、ご挨拶。

そして、紫陽花のマスターさんも紹介していただきました。

おかげで紫陽花さんのマスターさんとお話するきっかけができ、

今日大和製麺所さんの製麺イベントに行ってきたんですよ

なんて話題を振ると

手を横に振っています。

あれ? たごのマスターと、同じ反応だぞ(笑)

やっぱり自家製麺は大変ですか?

と質問すると、

大変大変。 ムリして自家製麺にしないほうがいいと思うよ

というアドバイスをいただきました。

体験イベントが終わった後はけっこうやる気になっていたのですが、二人の手を横に振るしぐさを見て

これは僕が思っている以上に、大変なことなんだな

と現実が見えて、上がっていたテンションも急激に落ち着きました(笑)

自家製麺問題は、とりあえず保留ですね。

ムリして取り入れても自分を苦しめるだけかもしれないので、もうちょっと慎重になって決めたいと思います。

たまたま自家製麺をやられているラーメン屋さんに行き、たまたま二人からお話を伺えて

どちらからも

大変だよ

というアドバイスをいただきました。

これも運命かもしれません。

今はまだ、その時じゃない・・・・・・・・・・・のかも?


  1. 2015/05/28(木) 00:28:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アルバイト募集しています! | ホーム | 連休の過ごし方 その3>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/28(木) 22:09:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/28(木) 22:15:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://menyasumika.blog.fc2.com/tb.php/396-4148b7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)