いなべの中心で、ラーメン愛を叫ぶ

チャーシュー進歩しました

自分はどうも、日記にいろいろと書きすぎるみたいです。

理由は違ったのですが、ある方々からご指摘をいただきました。

うん。

気をつけなければ。

そして、そういうことを気をつけるとなると、さらに書くことがなくなる(汗)

どこかにネタ落ちてないかな~、ネタ。

なんだか、

ネタネタ言ってると、芸人さんみたいですね(笑)


それでは今回、珍しくラーメン屋っぽい話でも。

いや、ホントはもっとそういう話をした方がいいんですけどね(笑)

少し前から、チャーシューに使うお肉を変えました。

今はホエー豚という豚肉を使ってます。

ホエー豚

もしかしたら、聞いたことがある人もいるんじゃないでしょうか?

生キャラメルで有名な、花畑牧場さんがウリにしている豚肉で、むかし僕はテレビで聞いたことがありました。

そもそもホエーとはなんぞや

って話ですが、チーズを作るときに固まらずにできた、残りの水分のことなんです。

水溶性のたんぱく質、ビタミン、ミネラルが含まれていて、栄養価の高いものなんですよ。

それを豚ちゃんのたくさん飲ませたものが、ホエー豚と呼ばれています。

特徴としては、保水性が高いこと、そして臭みが少ないことだと思っています。

僕の中では、臭みが少ないということが大切なんですよね。

ウチのシャーシューは煮るのではなく、蒸して作っているんです。

一般的にはスープの中にチャーシューのお肉を入れ、お肉の旨みをスープに移しつつ、お肉に火を通していきます。

そうすることによってスープに肉のエキスが出て美味しくなるのですが、当然お肉自体の旨みは減ってしまいます。

僕はチャーシューをより美味しく食べていただきたかったので、旨みを閉じ込める「蒸す」という調理法を選択しました。

いいところはお肉の旨みを逃さないことなのですが、弱点としては豚の臭みが残りやすいこと。

煮るとスープに豚肉の匂いも移ってきにならなくなるのですが、蒸すとそれが残ります。

今までのチャーシューはそこが気になっていたのですが、新しいお肉に変えてからその悩みが解消しました。

このホエー豚、ウチの蒸すという調理にピッタリはまったお肉なんですよね。

今回ある精肉屋さんに声をかけていただき、チャーシューのお肉を変えたのですが、本当によかったです。

材料って大事だな

と改めて感じた出来事でございました。

そうそう

お肉を変えた直後は、当たりというものが100パーセント把握できてませんでしたが、最近はほぼわかってきました。

いい感じで仕上げられていると思うので、一度チャーシューもお試しください。

○すみかや、チャーシュー○らーめん 

などが、チャーシューを試していただくのに最適です。

よろしくお願いします。


  1. 2016/12/14(水) 21:04:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<年末年始のご案内 | ホーム | 味噌ラーメン、開始します!>>

コメント

チャーシューを作るのにもなかなか奥が深いんですね。楽しく読ませていただきました。
仕事詰まってますが、なんとか年内に一回いきたいなぁ。
女性やお金にまつわるネタは特にデリケートですからね。美味しいものや可愛い動物ネタはあたりさわりないかも。ラーメン以外の料理観や季節の食材についてとかどうですかね。マジメすぎますか(笑)
  1. 2016/12/15(木) 20:21:17 |
  2. URL |
  3. ポチ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> チャーシューを作るのにもなかなか奥が深いんですね。楽しく読ませていただきました。
> 仕事詰まってますが、なんとか年内に一回いきたいなぁ。
> 女性やお金にまつわるネタは特にデリケートですからね。美味しいものや可愛い動物ネタはあたりさわりないかも。ラーメン以外の料理観や季節の食材についてとかどうですかね。マジメすぎますか(笑)

ポチさん、こんばんは~。
チャーシューはラーメンの花形と言われますし、各店いろいろな工夫をされていると思います。
年末でお仕事お忙しいみたいですね。
チャーシューは逃げませんので、時間に余裕のある時に起こしくださいませ。

ラーメン意外の料理や季節の食材だと、それほど語れないんですよね~(汗)
知識不足で、申し訳ないです
  1. 2016/12/21(水) 20:45:44 |
  2. URL |
  3. とみー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://menyasumika.blog.fc2.com/tb.php/506-8bc5d6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)